相性の良い阪神JF優勝馬レシステンシアを信頼【チューリップ賞2020予想】

競馬予想2020

桜花賞トライアル第27回チューリップ賞が3月7日に阪神競馬場で行われる。

なお、今週も無観客競馬となる。

スポンサーリンク

3年連続勝ち馬輩出の阪神JF優勝馬レシステンシア

本命は阪神JFレコード勝ちの◎レシステンシア

レシステンシアを負かせそうな馬はいないかと馬柱を睨み続けたが、逆らうのはやめた。なにしろ阪神JF勝ち馬が3年連続でチューリップ賞を制しているのだ。ただし、ダイワメジャー産駒は最高2着まででチューリップ賞は未勝利ではある。しかし、レシステンシアは距離延長で初のマイル戦となった阪神JFで逃げて直線で後続馬に詰め寄られるどころか突き放し、2着馬に5馬身差をつけレコードで優勝。前回と同じように逃げあるいは先行したとして簡単に差されはしないだろう。ダイワメジャー産駒の仕上がりの早さもあるし、ここは人気でも素直に本命にする。

スポンサーリンク

チューリップ賞2020予想 最終結論

本命◎レシステンシア以外の印について。

 

対抗は阪神JF2着の◯マルターズディオサ。阪神JFでレシステンシアにつけられた5馬身差は決定的にも思えるが、直線で外からクラヴァシュドールに並びかけられてから抜かせなかった勝負根性はなかなか見事だった。新潟の未勝利、サフラン賞と勝った時は前でなく後ろからの競馬をしている。外枠から気分良く追走して末脚勝負に賭ける事ができれば阪神JFでの5馬身差は縮められるのではないか。

 

単穴にマルターズディオサと同じキズナ産駒▲シャンドフルール。人気にならないだろうが、そういう時に思い切った騎乗をする武豊騎手には要注意だ。

 

押さえには阪神JFで本命・対抗にした2頭のハーツクライ産駒△クラヴァシュドール△ウーマンズハート。ハーツクライ産駒はどちらかと言えば晩成タイプが多いとは思ったが、それでも阪神JFで重い印を打った。結果は3着、4着。しかし、成長力で差を縮めてくれるのではないかと考えている。ウーマンズハートは早めに動くよりも脚をためた方が良さそうで新潟2歳Sを制した藤岡康太騎手との再コンビに期待。

 

予想
◎レシステンシア
◯マルターズディオサ
▲シャンドフルール
△クラヴァシュドール
△ウーマンズハート

タイトルとURLをコピーしました