第67回 クイーンステークス枠順確定!フロンテアクイーンは3枠3番、ミッキーチャームは8枠13番

枠順確定2019

7月28日(日)に札幌競馬場で行われる第67回北海道新聞杯クイーンステークスの枠順が確定しました。

スポンサーリンク

第67回 北海道新聞杯クイーンステークス

第67回クイーンステークスの枠順は以下の通り。

 

11サトノガーネット牝455.0C.ルメール
22リリックドラマ牝555.0菱田裕二
33フロンテアクイーン牝656.0三浦皇成
34ダノングレース牝455.0蛯名正義
45メイショウショウブ牝351.0池添謙一
46スカーレットカラー牝455.0岩田康誠
57シャンティローザ牝555.0藤岡康太
58フィニフティ牝455.0吉田隼人
69リンディーホップ牝455.0荻野極
610ウインファビラス牝655.0松岡正海
711エイシンティンクル牝655.0武豊
712ウラヌスチャーム牝455.0藤岡佑介
813ミッキーチャーム牝456.0川田将雅
814カリビアンゴールド牝555.0柴山雄一

 

ルメール騎手騎乗のサトノガーネットは最内1枠1番。昨年の2着馬フロンテアクイーンは3枠3番。ダノングレースが3枠4番と国枝厩舎の2頭が同枠に入った。

前走マーメイドS3着のスカーレットカラーは4枠6番。

武豊騎手騎乗のエイシンティンクルは7枠11番。

前走中山牝馬Sでフロンテアクイーンの2着に入ったウラヌスチャームは7枠12番。ミッキーチャームは8枠13番。

スポンサーリンク

クイーンS 過去5年上位3頭の枠番

2018年

着順馬番馬名性齢
179ディアドラ牝4
255フロンテアクイーン牝5
322ソウルスターリング牝4

 

2017年

着順馬番馬名性齢
122アエロリット牝3
211トーセンビクトリー牝5
344クインズミラーグロ牝5

 

2016年

着順馬番馬名性齢
122マコトブリジャール牝6
2711シャルール牝4
311ダンツキャンサー牝5

 

2015年

着順馬番馬名性齢
1810メイショウスザンナ牝6
222レッドリヴェール牝4
366イリュミナンス牝5

 

2014年

着順馬番馬名性齢
122キャトルフィーユ牝5
258アロマティコ牝5
346スマートレイアー牝4

 

いちご
いちご

過去5年の好調枠は2枠。なんと5年で3勝とダントツ。札幌芝1800mは1コーナーまでの距離が短い。開幕週で外を回される外枠よりは内枠が有利な傾向なのか、8枠の馬は過去5年では2015年にメイショウスザンナが勝っているが、それ以外は3着以内に入っていない。

 

好成績の2枠に入ったのは、重賞初挑戦のリリックドラマ。前走は函館芝1800mの北斗特別を勝っている。

おそらく逃げるのではないかと思われるリリックドラマが展開の鍵を握る存在になりそうだ。武豊騎手のエイシンティンクルは外枠の7枠11番に入ったが、ハナを主張するのか、内のリリックドラマに譲るのか。8枠に入ったミッキーチャームも前で競馬をしたいであろう1頭。

 

本命に考えているのは、3枠と同枠に入った2頭出しの国枝厩舎の1頭、昨年の2着馬フロンテアクイーンだ。

昨年は勝ったディアドラが強かった(ちなみに私はドバイ帰りだったディアドラを軽視して単穴▲にとどめた)。今年はそこまで圧倒的な存在は見当たらない。フロンテアクイーンは前走マイル戦のG1ヴィクトリアマイルで15着と大敗。今回の距離延長はプラスのはず。

タイトルとURLをコピーしました