新馬戦を圧勝した桜花賞馬グランアレグリアの全弟ブルトガングが安楽死

POG2019-2020

桜花賞馬グランアレグリアの全弟ブルトガングが今朝亡くなったことがわかった。

スポンサーリンク

新馬戦を圧勝した期待の良血馬ブルトガング

ディープインパクト産駒のブルトガングは、6月22日に東京競馬場で行われた芝1800mの新馬戦にルメール騎手とのコンビで出走。

桜花賞馬グランアレグリアの全弟ということもあり、1番人気に推されたブルトガングは、2着シュクロエに4馬身差をつける圧勝で見事人気に応えた。

 

私はブルトガングをPOGで指名しており、新馬戦をテレビの前で見守った。

 

グランアレグリア全弟ブルトガング、キズナ産駒リメンバーメモリーをPOG指名
私がほぼ毎年参加しているPOGが2つある。 1つは、netkeiba.comのPOGダービー。もう1つは、雑誌『サラブレ』のサラブレPOG。 しかし、今年はうっかりサラブレPOGに参加しそこなってしまったため、netkeiba ...

 

POG指名馬ブルトガング、リメンバーメモリー、新馬戦で明暗分かれる
netkeiba POGで指名したブルトガングとリメンバーメモリーが先週の新馬戦でデビューした。 ブルトガング、2着に4馬身差をつける快勝でデビュー戦を飾る ブルトガングは6月22日(土)東京5R芝1800mの新馬戦に出走。 鞍上...

 

手塚貴久調教師はレース後「大きいところを狙っていきたい」とコメント、ブルトガングはノーザンファーム天栄へ放牧された。

スポンサーリンク

頸椎狭窄による腰萎の可能性が高いと診断、予後不良で安楽死に…

私がブルトガングに異変が起きていることを最初に知ったのは、昨夜遅くツイッターを見ていた時だった。

 

 

昨夜の段階ではこれ以上のことは私にはわからなかったため、ただ無事を祈るばかりだった。

しかし、サラブレッドはとても繊細な動物なので不安は大きかった。

 

確かな情報がないまま今日の午後になって、ブルトガングの安楽死という悲しいニュースが飛び込んできた。

 

 

 

 

伝えられた情報によると、ブルトガングは頚椎狭窄による腰萎の可能性が高く、予後不良と診断され、今朝安楽死となったということです。

「腰萎(ようい)」(通称「腰フラ」)とは、腰がふらついて立っているのが困難な症状。

 

ブルトガングが東京競馬場の長い直線で見せたあの末脚。できることならもう一度、大きなレースで見せて欲しかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
POG2019-2020
競馬のある週末
タイトルとURLをコピーしました