シルクレーシング新馬7連勝の勢いに乗れ!ギルデッドミラー中京芝1600mでデビュー!

POG2019-2020

今週も楽しみな2歳馬たちがデビューする。

7月13日(土)中京5R芝1600mに出走するギルデッドミラーもその1頭だ。

スポンサーリンク

ギルデッドミラーの半弟は4億7000万円で落札されたあの馬

オルフェーヴル産駒のギルデッドミラー。実は、ディープインパクト産駒の半弟がつい最近話題になったばかりである。

その半弟というのが、タイタンクイーンの2019。そう、先日開催されたセレクトセール2019の最高落札額4億7000万円で落札された当歳馬だ。

 

ギルデッドミラーの半兄はストロングタイタン(父Regal Ransom)。ストロングタイタンは先週の七夕賞では最下位と惨敗したが、昨年の鳴尾記念勝ち馬。

 

ギルデッドミラーオルフェーヴルステイゴールド
オリエンタルアート
タイタンクイーンTiznow
Ensnare

 

ギルデッドミラーは栗東・松永幹夫厩舎の管理馬。デビュー戦の鞍上は川田将雅騎手

馬主は、有限会社シルクレーシング。シルクの新馬は現在なんと7連勝と破竹の勢い。

スポンサーリンク

目下新馬7連勝中のシルクレーシング

見事デビュー戦を勝利で飾ったシルクの2歳馬7頭を簡単に紹介しよう。

馬名の青色が牡馬ピンクが牝馬

 

馬名調教師名デビュー戦
リアアメリア
父:ディープインパクト
母:リアアントニア
(母父:Rockport Harbor)
中内田充(栗東)2019年6月1日
3回阪神1日
2歳新馬 芝1600m
サリオス
父:ハーツクライ
母:サロミナ
(母父:Lomitas)
堀宣行(美浦)2019年6月2日
3回東京2日
2歳新馬 芝1600m
モーベット
父:オルフェーヴル
母:アイムユアーズ
(母父:ファルブラヴ)
藤沢和雄(美浦)2019年6月2日
3回東京2日
2歳新馬(牝) 芝1600m
ヴィンカマヨール
父:ゴールドアリュール
母:カラヴィンカ
(母父:Bernardini)
田島俊明(美浦)2019年6月15日
3回東京5日
2歳新馬 ダート1400m
トライフォーリアル
父:リアルインパクト
母:エンプレスティアラ
(母父:クロフネ)
萩原清(美浦)2019年6月16日
3回東京6日
2歳新馬 芝1400m
ラウダシオン
父:リアルインパクト
母:アンティフォナ
(母父:Songandaprayer)
斉藤崇史(栗東)2019年6月22日
3回阪神7日
2歳新馬 芝1200m
オーソリティ
父:オルフェーヴル
母:ロザリンド
(母父:シンボリクリスエス)
木村哲也(美浦)2019年7月7日
2回函館2日
2歳新馬 芝1800m

 

いちご
いちご

松永調教師も川田騎手もこの勢いを自分たちのところで止めたくはないだろう。

 

ギルデッドミラーの追い切りの動きは上々の様子。

競馬ブックの丹羽崇彰記者がこんなツイートをしている。

 

 

netkeiba POGでそろそろ牝馬を指名したいと思っていたところ。ギルデッドミラーを指名しようか迷っている。

もう1頭の気になるシルクの新馬ローヌグレイシア

実は、もう1頭、今週デビューの新馬に気になる牝馬がいる。

それが、ローヌグレイシア。なんとこのローヌグレイシアもシルクの馬なのだ。

 

ローヌグレイシアは7月14日(日)中京6R芝1200mの新馬戦に出走。

栗東・池添学厩舎の管理馬。デビュー戦の鞍上は、ギルデッドミラーと同じく川田将雅騎手。

 

ローヌグレイシアクロフネフレンチデピュティ
ブルーアヴェニュー
アーデルハイトアグネスタキオン
ビワハイジ

 

祖母ビワハイジと言えば、数々の名馬を世に産み出した名繁殖牝馬である。

ローヌグレイシアは伯父にアドマイヤジャパンアドマイヤオーラ、伯母にブエナビスタなど近親に活躍馬がズラリ。

 

しかも、このローヌグレイシア…

 

 

芦毛で可愛い!

 

しかし、ギルデッドミラーとローヌグレイシアの両方が新馬勝ちするなどという出来すぎた展開が起こり得るだろうか。

いや、今のシルクレーシングの勢いなら十分ありそうだ。

ギルデッドミラーとローヌグレイシアのどちらを指名するか。どちらとも指名するか、それとも、どちらも指名しないか。実に悩ましい。

タイトルとURLをコピーしました