秋華賞の本命は紫苑S組からフェアリーポルカ【秋華賞2019予想】

競馬予想2019

第24回秋華賞が10月13日に京都競馬場で行われる。

スポンサーリンク

秋華賞で近年好調の紫苑S組から2着馬フェアリーポルカを本命に

土曜京都の芝の馬場状態は不良。芝のレースは、2、3、5、9、10Rと全部で5レースが行われた。

3Rの2歳未勝利戦(芝2000m)はロードカナロア産駒のワンツーフィニッシュ、5Rの新馬戦(芝1600m)の2着馬はルーラーシップ産駒、10Rの堀川特別(芝1800m)の2着馬はキングカメハメハ産駒キングマンボの血を引く種牡馬の産駒が好走。

明日の京都の馬場状態が一体どこまで回復するのかわからないが、パンパンの良馬場にはならないのではないだろうか。

そうだとしたら、人気を集めている切れ味勝負のディープインパクト産駒より人気薄のキングマンボ系種牡馬の産駒を狙うのも面白い。

 

本命はルーラーシップ産駒の◎フェアリーポルカ

しかもフェアリーポルカは近年秋華賞での活躍が目立つ紫苑S組。勝ち馬のパッシングスルーとはタイム差なしハナ差の2着。なお、3着にはオークス2着のカレンブーケドール。

実は紫苑S勝ち馬のパッシングスルーもフェアリーポルカと同じルーラーシップ産駒。2頭はフローラSでもパッシングスルー4着、フェアリーポルカ5着とハナ差の際どい勝負をしている。ハナ差とは言えいずれもパッシングスルーが先着、しかも同じルーラーシップ産駒なのに、なぜフェアリーポルカを本命に選んだかと言うと、紫苑Sでのレースぶりから判断した。

パッシングスルーの鞍上・戸崎騎手の手は4コーナー手前から激しく動き始め、直線の入り口ではムチも入れてゴールまで追い通しだった。一方のフェアリーポルカは内を回っていたこともあるが4コーナーを回る時は三浦騎手がまだ手綱を持ったままでスッと直線に入った。直線では前が詰まって一瞬追い出しが遅れたが狭いところを割って前に出てからグイグイ脚を伸ばした。内回りの芝2000mは器用さも要求される。2着に敗れはしたが、フェアリーポルカは道中も馬群の中で我慢できていたし、レースでの器用さという点においてはパッシングスルーよりもフェアリーポルカの方が上と見た。

それに前走のフェアリーポルカはオークス以来で馬体重プラス16キロ。ひと叩きの上積みもフェアリーポルカの方がより期待できる。

 

鞍上の三浦皇成騎手は意外なことにJRAのG1未勝利。今シーズンはリーディング6位(美浦では戸崎騎手に次ぐ2位)につけるなど好調。ここはG1初勝利のチャンスだと思うのだが。

スポンサーリンク

秋華賞2019予想 最終結論

本命◎フェアリーポルカ以外の印について。

 

対抗は紫苑S勝ち馬◯パッシングスルー。これまでの直接対決から本命フェアリーポルカとの力差はほとんどない(むしろハナ差とは言えパッシングスルーが勝っているのだが)。ルーラーシップ丼を狙う。

 

単穴には、さらに紫苑S組からオークス2着の▲カレンブーケドール。紫苑Sでは3着に敗れたものの、早めに先頭に立って目標にされた分もある。津村騎手とコンビを組んでからは先行、あるいは早めの競馬をしており、おそらくここもオークスで後一歩のところでG1初勝利を逃した津村騎手が気合いで先行するであろう。ディープインパクト産駒で馬場が悪くなってどうかだが、少なくとも後方のまま不発に終わるという消化不良な結果にはならないだろう。

 

キングマンボ系のルーラーシップ産駒2頭に重い印を打ったのだから、ロードカナロア産駒△ブランノワールも無視できない。稍重で2戦2勝。チューリップ賞ではダノンファンタジーから0.6秒差の6着に敗れたが、その後は古馬相手に2連勝。力をつけた今なら差は縮められるだろうし、馬場状態によっては逆転まである。

 

これも馬場が重いままなら押さえておきたい△エスポワール。前走で重馬場を苦にせず2着に4馬身差をつけて快勝している。

 

最後にもう一頭。やはり押さえておきたい△ダノンファンタジー

 

予想
◎フェアリーポルカ
◯パッシングスルー
▲カレンブーケドール
△ブランノワール
△エスポワール
△ダノンファンタジー

 

フェアリーポルカはどうやら人気薄のようなので、馬連とワイドも買っておきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
競馬予想2019
競馬のある週末
タイトルとURLをコピーしました