スワーヴリチャードがハーツクライ産駒初の有馬記念親子制覇を果たす【有馬記念2019予想】

競馬予想2019

第64回有馬記念が12月22日に中山競馬場で行われる。

今年もこの日がやって来た。豪華な顔ぶれが揃い、一体どの馬を本命にするのか最後の最後まで迷った。

断然の1番人気、最強牝馬アーモンドアイか、それともこのブログを始めて最初のG1予想記事で本命にして見事馬券を的中させてくれたリスグラシューか、武豊騎手が騎乗する菊花賞馬ワールドプレミアか。

スポンサーリンク

スワーヴリチャードがジャパンカップを制した勢いそのままに有馬記念を制する

本命は前走ジャパンカップを制した◎スワーヴリチャード

そのJCで私はスワーヴリチャードに△を打った(本命はユーキャンスマイル)のだが、予想記事にこう書いている。

 

相手なりに走って今年も3着に突っ込んできそうなのが△スワーヴリチャード。ハーツクライ産駒によくあるキャラ。馬連、馬単の相手よりワイドで押さえたい。

 

結果はご存知の通り。私の予想をあざ笑うかのようにスワーヴリチャードがJCを快勝した。

有馬記念の公開枠順抽選会では、一番最後の抽選になってしまったが、不在のマーフィー騎手の希望通り内枠の1枠2番を引き当てた。まさに残り物に福だ。アーモンドアイとリスグラシューよりも内枠に入った時点で、私の気持ちはスワーヴリチャードに傾いた。

それに加えて明日の天気だ。予想では雨になりそうな様子。もし雨になって馬場が渋ったとしたら、重馬場のジャパンカップを制し、稍重でも好走しているスワーヴリチャードには他馬が気にするだけ有利になるだろう。運だけでなく天も味方するかもしれない。

スワーヴリチャードの直前追い切りのタイムはそれほど目立つものでないのが気になったが、1週前追い切りのタイムは秀逸だし馬の調子については問題なさそうだ。

ハーツクライ産駒のスワーヴリチャード。父ハーツクライが断然の1番人気ディープインパクトを破って有馬記念を制したのは記憶に新しい。しかし、ハーツクライ産駒はまだ有馬記念を勝っていない。今年も出走するシュヴァルグランは昨年、一昨年と2年連続3着に入っている。また2013年にはウインバリアシオンが2着に入っている。そして、スワーヴリチャードは一昨年、3歳で有馬記念に出走してキタサンブラックの4着に入っている。人気の一頭リスグラシューもハーツクライ産駒だが、有馬記念で好走(2着馬と同タイムの4着であった)したことがあり、なおかつ天皇賞(秋)、JCと王道ステップで臨むスワーヴリチャードが産駒初の有馬記念親子制覇を果たすと私は見ている。

マーフィー騎手なら内枠の利を活かしてくれるだろう。馬連、馬単、それと思いの外単勝オッズがつきそうなので今回は単勝と複勝も買うことにする。

スポンサーリンク

有馬記念2019予想 最終結論

本命◎スワーヴリチャード以外の印について。

 

対抗は◯リスグラシュー。海外帰りだが、直前追い切りの坂路では好時計を出し、動きも好調に見えた。赤いネクタイで自ら枠順抽選をし、見事にネクタイと同じ3枠6番を引き当てた矢作調教師は、まるで勝利を確信したかのようにオーナー、そしてレーン騎手と握手を交わしていた。

リスグラシューが勝ったG1は2200mのエリザベス女王杯と宝塚記念、さらに2040mのコックスプレートといずれも非根幹距離。2500mの有馬記念もリスグラシュー向きかもしれない。リスグラシューもアーモンドアイ同様に今回が初の中山となるが、宝塚記念勝ち馬が有馬記念でも好走することがあるという点でこちらを上とした。

 

単穴に▲アーモンドアイ。熱発明け、初の中山コースなど、どうにか本命にしない理由を探して素直に本命にしないのは自称プチ穴党の悲しい性かもしれない。しかし、断然の1番人気だからこそ、あえて初ものはマイナスと考える。あっさり勝たれてしまったら仕方がない。

 

有馬記念で好走が目立つ3歳馬から菊花賞馬△ワールドプレミア。ワールドプレミアの調教の動きもなかなか良かった。どうやら菊花賞の疲れはなさそうだ。スタミナはもちろん十分。それに3歳馬はなんと言ってもこの時期に古馬よりも斤量が2キロ軽いというのが大きい。

 

3歳馬では皐月賞馬△サートゥルナーリアも秋天で6着に敗れたからといってまだ見限れない。ホープフルS、皐月賞と2つのG1を勝っている中山で復活があってもおかしくない。

 

予想
◎スワーヴリチャード
◯リスグラシュー
▲アーモンドアイ
△ワールドプレミア
△サートゥルナーリア

 

毎年思うことだが、有馬記念をズバッと当てて気持ちよく年を越したいものだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
競馬予想2019
競馬のある週末
タイトルとURLをコピーしました