第24回 秋華賞枠順確定!ダノンファンタジーは1枠1番、フェアリーポルカは6枠11番

枠順確定2019

10月13日に京都競馬場で行われるG1レース第24回秋華賞の枠順が確定した。

 

10月12日(土)の第4回東京競馬第3日および10月13日(日)の第4回東京競馬第4日は、台風の影響により安全な競馬の施行に支障があると判断、開催の中止が発表された。

JRA 第4回東京競馬第3日、4日の開催中止について(PDF)

なお、明日の京都競馬については、決まり次第発表があるようだ。

スポンサーリンク

第24回 秋華賞

第24回秋華賞の枠順は以下の通り。

 

11ダノンファンタジー牝355.0川田将雅
12メイショウショウブ牝355.0池添謙一
23ブランノワール牝355.0浜中俊
24トゥーフラッシー牝355.0幸英明
35クロノジェネシス牝355.0北村友一
36ローズテソーロ牝355.0横山典弘
47ビーチサンバ牝355.0福永祐一
48カレンブーケドール牝355.0津村明秀
59シャドウディーヴァ牝355.0松山弘平
510シェーングランツ牝355.0武豊
611フェアリーポルカ牝355.0三浦皇成
612レッドアネモス牝355.0藤岡康太
713サトノダムゼル牝355.0M.デムーロ
714シゲルピンクダイヤ牝355.0和田竜二
715コントラチェック牝355.0C.ルメール
816パッシングスルー牝355.0戸崎圭太
817エスポワール牝355.0A.シュタルケ
818シングフォーユー牝355.0藤岡佑介

 

桜花賞馬グランアレグリアはスプリンターズSへ直行ということだったが回避。オークス馬ラヴズオンリーユーは秋華賞出走を見送った。

唯一のG1馬ダノンファンタジーは最内1枠1番。

オークス2着馬カレンブーケドールは4枠8番。

前走の紫苑Sでカレンブーケドールを負かして優勝したパッシングスルーは8枠16番、2着に入ったフェアリーポルカは6枠11番。

デビューから3戦3勝と無敗のサトノダムゼルは7枠13番。

スポンサーリンク

秋華賞 過去5年上位3頭の枠番

2018年

着順馬番馬名
1611アーモンドアイ
2713ミッキーチャーム
312カンタービレ

 

2017年

着順馬番馬名
1714ディアドラ
247リスグラシュー
324モズカッチャン

 

2016年

着順馬番馬名
147ヴィブロス
223パールコード
3715カイザーバル

 

2015年

着順馬番馬名
1818ミッキークイーン
259クイーンズリング
336マキシマムドパリ

 

2014年

着順馬番馬名
136ショウナンパンドラ
224ヌーヴォレコルト
3612タガノエトワール

 

いちご
いちご

過去5年では昨年カンタービレが3着に入ってはいるが1枠がやや成績不振か。ちなみに過去10年で勝ち馬が出ていないのは1枠と5枠。

 

同じ内回りの芝2000mだからだろうか、紫苑S組が好調で、過去5年で2014年ショウナンパンドラ(紫苑S 2着)、2016年ヴィブロス(紫苑S 2着)、2017年ディアドラ(紫苑S 1着)と3頭の勝ち馬を輩出している。

 

今のところ本命候補はその紫苑S組から2着のフェアリーポルカ。勝ったパッシングスルーとはタイム差なし際どいハナ差の勝負だった。

フェアリーポルカとパッシングスルーはどちらもルーラーシップ産駒。レースぶりからフェアリーポルカの方が器用そうに見えた。また京都芝2000mの若駒Sで勝ち馬からは離されたものの紅一点で3着に入った。若駒Sの勝ち馬ヴェロックスはその後、皐月賞2着、ダービー3着と牡馬クラシックで活躍。

キングマンボの血を持つルーラーシップ産駒。良馬場経験しかないが多少馬場が重くなってもこなせるのでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
枠順確定2019
競馬のある週末
タイトルとURLをコピーしました