北九州記念の本命はアンヴァル!母娘で小倉芝1200m重賞制覇へ

競馬予想2019

第54回テレビ西日本賞北九州記念が8月18日に小倉競馬場で行われる。

スポンサーリンク

アンヴァルの母アルーリングボイスは小倉2歳S勝ち馬

北九州記念の本命は4歳牝馬◎アンヴァル

およそ5ヶ月の休み明けだった前走のバーデンBCでは直線残り200mを過ぎた辺りでようやくエンジンがかかって追い込むもアタマ差届かず2着に敗れた。実は、3コーナーから既に鞍上の松岡騎手の手が動いていたのだが、レース後の松岡騎手のコメントによると、重馬場にノメっていたようだ。

アンヴァルは昨年の北九州記念では10着に敗れているが、スタート直後に両脇から挟まれ位置取りが悪くなった上に直線では内に突っ込んで進路を失いまともに追えていなかった。母アルーリングボイスは小倉2歳S勝ち馬で、アンヴァル自身も小倉芝1200mでは新馬戦で3着、続く未勝利戦で逃げるラブカンプーを捕らえて勝っておりコース適性に問題はない。

明日の小倉の芝はおそらく良馬場であろうし、1週前追い切りでは栗東坂路で一番時計を出すなど調子は良く、ひと叩きの上積みも期待出来る。

馬だけでなく鞍上の藤岡康太騎手も先週のエルムSを勝つなど好調だ。アンヴァルは父・藤岡健一厩舎の馬で藤岡康太騎手はこれまで2回騎乗したことがある。

母娘での小倉芝1200mの重賞勝利に期待。

スポンサーリンク

北九州記念2019予想 最終結論

本命◎アンヴァル以外の印について。

 

対抗は3歳牝馬○ディアンドル。古馬と対戦するのは今回が初めてでどこまで通用するかは未知数ではあるが、新馬戦2着からの5連勝は力がなければ出来ない。小倉芝1200mでの勝ち鞍もある。持ち時計はそれほど速くないが、土曜のレースを見た限りではそれほど速い時計は出ていないようだし、何よりまだ3歳馬、持ち時計を縮める可能性は十分にあるので心配しなくてもいいだろう。

土曜の戸畑特別(小倉芝1200m)の勝ち馬はディープインパクト産駒だったが、2着にジャスタウェイ産駒、3着にジャングルポケット産駒とトニービンの血を持つ馬が上位に来ていた。人気通りの決着ではあったのだが、それでも同じくトニービンの血を持つルーラーシップ産駒のディアンドルにはちょっと心強い。

 

単穴に前走バーデンBCを勝った▲カラクレナイ。3〜4コーナーでもたついたアンヴァルと違い馬場にノメることなく勝負所でスッと動けた分、直線で早く抜け出せた。小倉は初めてだが、前走で小回りのコーナーワークに問題はなかったし、おそらく大丈夫だろう。実は前走のバーデンBCはフィリーズレビュー以来久々の勝利だった。短距離路線に変更してからは2桁順位などの大崩れはないものの、なかなか結果を出せなかったがようやく結果を出せた。2勝目の重賞勝利があっても。

 

4連勝と勢いに乗る△ミラアイトーン。小倉では3戦3勝と負けなし。やはり押さえておきたい。

 

穴っぽいところで×ダイメイプリンセス。2番人気に推された前走のアイビスSDでは6着に敗れたが、不利な内枠でよく頑張った方だろう。昨年の2着馬で、その時の鞍上・秋山騎手に手綱が戻る。前走で人気を裏切ったことで、今回は人気を落としそうだが、チャンスは十分ある。

 

予想
◎アンヴァル
○ディアンドル
▲カラクレナイ
△ミラアイトーン
×ダイメイプリンセス

タイトルとURLをコピーしました