7歳馬ダノンフェイスが得意の舞台で重賞初勝利を決める【根岸S2020予想】

競馬予想2020

第34回根岸ステークスが2月2日に東京競馬場で行われる。

本日より東京開催。その東京で武豊騎手は3勝と好調。明日も東京で騎乗するというのに重賞の根岸Sに乗り馬がいないのは残念だ。

スポンサーリンク

東京ダート1400mで3勝のダノンフェイス明け7歳も勢いある

根岸Sの本命は◎ダノンフェイス

東京開催の根岸Sだが、今回は出走馬全てが関西馬。そんな中で東京ダート1400mで4戦3勝と相性絶好なのがダノンフェイスだ。後方待機から直線で長くいい脚を使って追い込むダノンフェイスにとって直線の長い東京コースはその実力を十分に発揮することの出来る舞台なのだ。

後ろの馬に有利な展開になったこともあるが、2走前の武蔵野Sでは追い込んで3着。あと一歩届かなかったが、上がりは勝ち馬と同じ最速35.0秒。マイル実績がなかったからか13番人気と低評価であったがやはり長い直線が合うのだろう。

今回は得意の1400m。8枠に入ったが末脚勝負に撤するのであれば包まれることのない外枠はむしろ歓迎。鞍上は初コンビとなる田辺裕信騎手。田辺騎手の腹をくくった追い込みがダノンフェイスの持ち味を引き出せるのではないか。ダノンフェイスは明け7歳だが前走のすばるSを快勝とまだまだ勢いは衰えていない。ここで初重賞勝利を決めたいところだ。

スポンサーリンク

根岸ステークス2020予想 最終結論

本命◎ダノンフェイス以外の印について。

 

対抗は穴っぽいところから◯アードラー。実はダノンフェイスとどちらを本命にするか少し迷った。ダノンフェイスと同型の追い込み馬なのだが、武蔵野S、すばるSといずれもダノンフェイスが先着しており、調教の動きもダノンフェイスの方が良く見えたので、こちらは対抗にした。しかし、展開がハマれば突き抜ける可能性もあると見ている。初騎乗のミナリク騎手がどう乗るのかも楽しみだ。

 

単穴に昨年の覇者▲コパノキッキング。鞍上は土曜の東京で5勝とその勢いを誰も止められないマーフィー騎手。1番人気のこの馬を素直に本命にした方が良いのかもしれない。しかし、1400mもこなせるがベストは1200mのような気がするし、昨年と違い今年は58キロの斤量を背負う。その辺りに他馬に付け入る隙があると考えている。

 

ダート路線に変更してから全て3着以内と安定した成績の△ミッキーワイルド。東京ダート1400mも3戦2勝3着1回と好相性。

 

3年前の勝ち馬△カフジテイク。昨年は出走していないが、2年前にも3着に入っており、全出走馬の中ではダノンフェイスと並んで東京ダート1400mで最多の3勝を挙げている。しかも4戦3勝3着1回と得意のコースにしており、明け8歳とはいえ侮れない。

 

予想
◎ダノンフェイス
◯アードラー
▲コパノキッキング
△ミッキーワイルド
△カフジテイク

タイトルとURLをコピーしました