ギルデッドミラーをPOG指名!デビュー戦のライバルはサマービート?ヴィクターバローズ?

POG2019-2020

7月13日(土)に中京競馬場で行われる中京5R芝1600mの新馬戦。

このレースでデビューするギルデッドミラーをnetkeiba POGで指名した。

スポンサーリンク

ギルデッドミラーが出走する中京5Rの出馬表

7月13日(土)中京5R芝1600mの出馬表は以下の通り。

馬名の青色が牡馬ピンクが牝馬

 

11ウインヴェルメリオ
父:リアルインパクト
母:レッドマシェリ
(母の父:Gone West)
松若風馬飯田雄三(栗東)
22タガノカスターニャ
父:ケープブランコ
母:タガノガルーダ
(母の父:ネオユニヴァース)
松山弘平本田優(栗東)
33サマービート
父:ディープインパクト
母:オータムメロディー
(母の父:Kingmambo)
福永祐一藤原英昭(栗東)
44ワンモアエフォート
父:カレンブラックヒル
母:ワンモアミイチュー
(母の父:エンドスウィープ)
川又賢治勢司和浩(美浦)
55メイショウカムロ
父:メイショウボーラー
母:シェムリアップ
(母の父:ネオユニヴァース)
太宰啓介荒川義之(栗東)
66シャムロックヒル
父:キズナ
母:ララア
(母の父:Tapit)
浜中俊佐々木晶三(栗東)
67アイファーサイアン
父:ジャングルポケット
母:ロゼブルー
(母の父:ダンスインザダーク)
小牧太服部利之(栗東)
78ステラドーロ
父:オルフェーヴル
母:マイネプリンセス
(母の父:アグネスデジタル)
国分優作畠山吉宏(美浦)
79ギルデッドミラー
父:オルフェーヴル
母:タイタンクイーン
(母の父:Tiznow)
川田将雅松永幹夫(栗東)
810ヴィクターバローズ
父:ロードカナロア
母:モスカートローザ
(母の父:ディープインパクト)
M.デムーロ堀宣行(美浦)
811ダイメイコリーダ
父:エスケンデレヤ
母:ミラクルフラッグ
(母の父:スパイキュール)
西村淳也森田直行(栗東)

 

11頭立てと少頭数。ギルデッドミラーは7枠9番。

スポンサーリンク

ライバルはサマービート?ヴィクターバローズ?

改めてギルデッドミラーの血統について。

 

ギルデッドミラーオルフェーヴルステイゴールド
オリエンタルアート
タイタンクイーンTiznow
Ensnare

 

半兄に昨年の鳴尾記念勝ち馬ストロングタイタン(父Regal Ransom)、半弟タイタンクイーンの2019(父ディープインパクト)は先日開催されたセレクトセール2019で最高落札額4億7000万円で落札され話題となったばかり。

 

先週のCW3頭併せで6ハロン87秒4-12秒1、今週は坂路で4ハロン54秒5-12秒0をともに馬なりでマークし、3勝クラスの格上馬に2馬身半先着した。松永幹調教師は「素直で動きがいいし、二の脚が速くて追ってからもいいね」と初戦から大きな期待を寄せている。

引用元:【注目この新馬】ギルデッドミラー – サンスポZBAT!競馬

 

また、馬券攻略雑誌『競馬王』がこんなツイートをしている。

 

 

「隠し切れない隠し球」という独特な表現で評価をされているヴィクターバローズの血統について触れる前にディープインパクト産駒のサマービートの血統について。

 

サマービートディープインパクトサンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
オータムメロディーKingmambo
Dance of Leaves

 

全姉ピクシープリンセスは2012年のエリザベス女王杯3着馬

生産牧場はダーレー・ジャパン・ファーム(有)。馬主はゴドルフィン。

 

じっくり乗り込んできた。いい意味で前向きさがあり、追うごとに動きも素軽くなっている。ウッドチップでの動きもいいが、芝にいってさらに良さそう」と田代助手。福永騎手を背に丹念に仕上げられて、今週の坂路では3歳未勝利に先着している。

引用元:【うわさの2歳馬】芝にいって良さそう~サマービート – サンスポZBAT!競馬

 

最後にヴィクターバローズ。

 

ヴィクターバローズロードカナロアキングカメハメハ
レディブラッサム
モスカートローザディープインパクト
ローザロバータ

 

ヴィクターバローズは兄弟に目立った活躍馬はいないが、伯父に2007年スプリングS勝ち馬フライングアップル(父Rahy)、2012年シリウスS勝ち馬ナイスミーチュー(父キングカメハメハ)がいる。

 

【森助手のコメント】
「ゲート試験合格後も厩舎に置いて調整を進めてきました。追い切りで古馬と併せても素軽い動きを見せています。ロードカナロア産駒でスピードタイプですし、良い仕上がりです。少しテンションが高いところがあるので、落ち着いて臨めれば良いと思います」

引用元:【土曜の注目馬まとめ】現場取材でつかんだ!とっておきの馬券候補7頭 | 競馬ニュース | 競馬ラボ

 

仕上がりが早そうなのはロードカナロア産駒のヴィクターバローズだろうか。ディープインパクト産駒のサマービートもやはり気になる。

しかし、私はギルデッドミラーをnetkeiba POGで指名した。

ギルデッドミラーの上にはまだ兄2頭しかいない。ストロングタイタンの他にもう一頭、5歳で現役の半兄ミラアイトーン(父Lonhro)がおり、重賞勝ちこそないが9戦6勝という立派な成績を上げている。2頭だけで判断するのは早計かもしれないが、母タイタンクイーンはいわゆるクズを出さない繁殖牝馬かもしれない。そう信じてギルデッドミラーを指名した。

 

昨夜ブログに指名しようか迷っていると書いたもう1頭のシルクの馬ローヌグレイシア(7月14日 中京6R芝1200mでデビュー)だが、こちらは指名を見送った。

 

シルクレーシング新馬7連勝の勢いに乗れ!ギルデッドミラー中京芝1600mでデビュー!
今週も楽しみな2歳馬たちがデビューする。 7月13日(土)中京5R芝1600mに出走するギルデッドミラーもその1頭だ。 ギルデッドミラーの半弟は4億7000万円で落札されたあの馬 オルフェーヴル産駒のギルデッドミラー。実は、ディー...

 

果たしてこの選択はどのような結果となるのだろうか。

 

14日の函館5R芝1800mの新馬戦には武豊騎手が騎乗するサトノの馬サトノゴールドが出走する。

こちらは武豊騎手の応援だけにしておくつもり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
POG2019-2020
競馬のある週末
タイトルとURLをコピーしました