【皐月賞2020予想】2着続きのヴェルトライゼンデ、馬場を味方に今度こそ

競馬予想2020

第80回皐月賞が明日4月19日に中山競馬場で行われる。

土曜の中山は雨で芝ダートとも不良馬場であった。ダートなどはもう田んぼかと思うくらい。明日の中山競馬場の天気は予報によると晴れのち曇りのようだが、さすがにパンパンの良馬場を望むのは難しいのではないだろうか。

重馬場で行われた先週の桜花賞の前日予想は天気を気にせず予想してしまったのだが、本命でPOG馬のサンクテュエールは6着に敗れた。良馬場でも勝てたかどうかはわからないが、レース後に鞍上のルメール騎手は「良い馬場ならもっと上位に行けたと思います」とコメントしていた。

その反省も踏まえて皐月賞では馬場状態も考慮して予想する。そもそもそれが当たり前なのだけど。

スポンサーリンク

新馬戦で重馬場をこなしたヴェルトライゼンデに期待

皐月賞の本命はドリームジャーニー産駒◎ヴェルトライゼンデ

G1ホープフルSではコントレイルの2着。前走スプリングSではガロアクリークの2着と2着続き。前走は休み明けの分もあるだろう。ホープフルSで敗れた相手コントレイルが1番人気に推されそうだが、あちらは良馬場経験しかないディープ産駒。一方、こちらは新馬戦で重馬場をこなして勝利している。

過去10年の皐月賞ではヴェルトライゼンデの祖父にあたるステイゴールドの産駒であるオルフェーヴル、ゴールドシップが優勝、オルフェーヴルはドリームジャーニーの全弟でもあるのだが、一昨年はオルフェーヴル産駒エポカドーロが優勝している。

そろそろドリームジャーニー産駒が皐月賞を制してもよさそうな気がする。前走からコンビを組んでいる池添騎手は父ドリームジャーニーの主戦騎手。コンビ2戦目となる今回の騎乗に期待したい。

スポンサーリンク

皐月賞2020予想 最終結論

本命◎ヴェルトライゼンデ以外の印について。

 

対抗は◯コントレイル。良馬場発表とはいえ暮れの中山で行われたホープフルSの直線の馬場は荒れていた。しかし、ディープインパクト産駒のコントレイルは荒れた馬場を苦にせず快勝。明日の馬場が多少重くてもこなせるのではないか。後方一気の切れ味勝負ではなく、好位からレースを進めるタイプであるから最内枠はむしろ好材料だろう。

 

単穴にニューアプローチ産駒の▲ダーリントンホール。稍重の共同通信杯を勝利。やや時計がかかって、なおかつタフな流れになれば浮上しそうな欧州血統。

 

押さえに絶好調の松山騎手が騎乗するシンボリクリスエス産駒△コルテジア。先週の桜花賞を制したデアリングアクトはエピファネイア産駒。エピファネイアの父はシンボリクリスエス、ということで。

 

さらにオルフェーヴル産駒△ビターエンダー。前走の共同通信杯ではダーリントンホールとゴール前で激しい叩き合いを繰り広げたが、惜しくもハナ差で2着に敗れた。

 

予想
◎ヴェルトライゼンデ
◯コントレイル
▲ダーリントンホール
△コルテジア
△ビターエンダー

 

POG馬であり、しかも武豊騎手が主戦を務めるマイラプソディには是非とも勝って欲しいのだが、今回は心の中でそっと応援するだけにしておく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
競馬予想2020
競馬のある週末
タイトルとURLをコピーしました