【安田記念2020予想】不利がなければ今年こそアーモンドアイ

競馬予想2020

第70回安田記念が6月7日に東京競馬場で行われる。

東京は今夜天気が崩れているようで明日の馬場状態が気になるところ。

スポンサーリンク

アーモンドアイがヴィクトリアマイルに続いて安田記念も制する

本命は◎アーモンドアイ

昨年はスタート直後に受けた不利が全て。しかし、あれだけの不利を受けながら勝ち馬とタイム差なしクビ差の3着に入ったのだから牝馬ながらそのタフさには舌を巻く。

前走のヴィクトリアマイルは一頭だけ次元の違う走りをしていた。リスグラシューが引退した今、アーモンドアイの相手になる牝馬はいない。得意のマイル戦なら牡馬も蹴散らすだろう。先週のダービーに続いて穴党の出番はなさそうだ。素直に本命にする。

スポンサーリンク

安田記念2020予想 最終結論

本命◎アーモンドアイ以外の印について。

 

対抗は昨年のダービーで本命にした◯ダノンキングリー。東京では4戦3勝2着1回と非常に好相性。前走の大阪杯で3着に入っており2000mでもこなせるだろうが、勝ち鞍があるのは1600mと1800m。距離短縮と主戦であった戸崎騎手に手綱が戻ることに期待。内枠でロスのない競馬が出来れば初対決のアーモンドアイに肉薄出来るかもしれない。ただ、これまで良馬場経験しかなく、今夜雨が降ったとして、明日の馬場状態がどうなるのかは気掛かりではある。

 

単穴に昨年の覇者▲エイシンチャンプ。こちらはダノンキングリーと違って稍重での勝利もあり、雨の影響が多少残っても問題はなさそうだ。

 

最内枠からロスなく立ち回りそうなのがレーン騎手騎乗の△ダノンプレミアム。この馬も昨年はスタート直後に受けた不利が全て。土曜の東京の芝のレースでは直線は内でも良く伸びていた。

 

昨年のNHKマイルC勝ち馬△アドマイヤマーズ

 

予想
◎アーモンドアイ
◯ダノンキングリー
▲エイシンチャンプ
△ダノンプレミアム
△アドマイヤマーズ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
競馬予想2020
競馬のある週末
タイトルとURLをコピーしました